映画の料金・価格

映画の基本料金

映画は基本料金として大人1800円で見ることができます。
(後述しますが、大学生は1500円、3歳以上~大学生まで、又はシニアの方は1000円、障害者の方も1000円で見ることが出来ます。)

また、夜八時以降は映画が1200円になるレイトショーもお得です。
(16歳未満の19時を過ぎる上映は保護者同伴でないと入場不可です。終映時間が22時を過ぎる場合は保護者が同伴でも入場は不可能です。)

日にちや曜日によってお得に映画を見ることができる場合もあります。
一般的には毎月1日がファーストデイ・毎週水曜日がレディースデイとされ、両方とも1000円で映画が見ることが出来ます。

4D映画の価格・料金

最近はほとんど3Dの映画ですが、これは基本料金にプラス一律400円かかります。
また、このサイトでも紹介している4D映画は、基本料金プラス1000円です。
ただ、通常は、4Dと3Dはセットになっているので、基本料金プラス1300円となります。

大体3000円となりますが、ストーリー付き、BGM付きの長時間のアトラクションだと考えれば、正直言ってその価値はあると思います。

映画割引券・映画観賞券・映画チケットの買い方、入手方法

個人の属性による割引

該当する方以外にはあまり知られていない方法ですが、学生の場合学生証を提示すると1500円になります。
また、中学生以下・シニアの方・障がい者の方は1000円となります。
(学生は学生証の提示が条件です。シニアの方は60歳以上の証明、また障害者の方は、障碍者手帳が必要です。)

他にも、レディースデイや夫婦割引などがありますので、行きたい映画館を調べてみて下さい。

映画前売り件による割引

映画前売り券を購入するだけで、安く鑑賞することができます
どこで売っているかというと、コンビニエンスストアで買えるものも多いです。金券ショップでも購入することができます。
ただ、前売り券の場合、映画館を指定されるものがありますので注意して下さい。

映画館指定の物は、記載されている劇場でしか見る事が出来ません。
この前売り券を利用すると、大体1300円~1500円位になります。
少額ですが、映画館で買わずにコンビニで手続きするだけで節約になるので一度試してみてください。

広告


株主優待券による割引

劇場の株主優待券を買う手もあります。
自分が株主になる必要はありません。

ではどうするかというと、映画に興味の無い株主が金券ショップや映画株主優待券のオークションなどに株主優待券を売ったり出品したりする事がありますのでそれを購入するのです。

株主優待券には、東京テアトル、パルコ、東映などがあります。
その場その場で価格は変動しますが、かなりお安く見られますよ。

ただ、株主優待券の場合は劇場の指定や曜日の指定もありますので色々と注意が必要です。
よく説明を読んだり聞いたりしてから購入して下さい。
また、3D映画や4D映画を見たい時は追加料金がかかる場合もあります。

映画館ごとの割引サービス

・TOHOシネマズではTOHOシネマズデイというイベントがあり、毎月14日は1000円で見れます。
また、シネマイレージデイとして毎週火曜日、シネマイレージ会員限定で1300円で見ることができます。

・ワーナーマイカルではお客様感謝デーの毎月20日・30日は1000円でなど鑑賞できます。

・近くにイオンシネマがある方は「イオンカード」がオススメです。
(年会費無料で、毎月20日30日はイオン系列での買い物が5%オフ、さらに映画料金が300円オフになります。ポイントももらえたりするので、詳しくは公式サイトをご確認下さい。)

広告