4DX映画館とは

4DX映画イメージ
4DXは、いわゆる「体感(4D)」するためのシステムのことです。

今までは3Dで立体を演出していましたが、4Dはその1つ先の「体感する」という演出を実現します。

4DXシステムで上映される作品は五感を刺激し、観客はまるで映画に入り込んでいるような経験ができます。

4Dの映画は、映画というよりは、むしろディズニーランドやUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)のようなアトラクションをイメージして頂く方が適切です。

4DX映画館の具体的な演出としては、以下のものがあります。


①シートが前後、上下左右に可動。可動域も広く、背中とお尻が振動する。
②座席の背中、前列シートの背面、劇場の壁面に複数のファンがあり送風される。
③送風以外にも、ミスト(水)、匂い、フラッシュ、シャボン玉など、様々な演出を体感できる。

もちろん、4Dに加え、3Dも合わせて鑑賞することもできます。

通常料金に加え1000円高くなります(3D対応作品の場合はさらに+300円)が、アトラクション+映画料金と考えれば安いくらいではないでしょうか。

ちなみに、上映作品は4dx専用作品ではなく、一般公開されている作品なので、視聴済みの作品であっても、4dxならさらに楽しめるかもしれません。

また、注意する点もいくつかあります。
上映方法の性質上、お子様や体が弱い方などは利用することが出来ませんし、飲食物の持ち込みも出来ない場合があります。
また、4DX専用劇場のみの上映となっているため、どこでやっているのか事前に調べていく必要があります。

このサイトは4D専用劇場のみを紹介しているサイトですので、是非トップページから劇場を探してみてください。

(もっと詳しく)
→MX4D映画とは
→4DXとMX4Dの違い

イメージ動画


このエントリーをはてなブックマークに追加




このページの先頭へ