MX4Dと4DXの違い

4DXとMX4Dとの違い



4D映画を提供するシステムには2種類あります。

まず、4dxとは、韓国発の4Dシステムです。シートの可動や風、水しぶき、煙や香り、雪やシャボン玉など、演出性、アトラクション性の高いシステムになっています。
日本ではコロナワールド、シネマサンシャイン、ユナイテッドシネマが導入しています。

(4DX映画館とは)

一方、MX4Dとはアメリカ発の4Dシステムです。4DXの後発で導入されました。
こちらはTOHOシネマズだけの映像システムとなっています。

基本的には4dxと同じですが、こちらはシートの可動が地響きや突き上げ、背後での振動、首や足にタッチといったもう少し接触感のあるパターンがあるのが特徴で、よりアトラクション性に寄った演出を楽しむことが出来ます。

(MX4D映画館とは)

とはいっても、4dxとMX4Dはどちらも基本的には同じで、制作会社が違うという風に考えて頂ければよいと思います。

どちらが良いかは、正直なところ、見る映画やその人の好みに左右されますが、どちらにせよ一度体感してみるのがオススメです。

本当に普通の映画は観られなくなり、わざわざ劇場に足を運びたくなります。(管理人の体験談)

両者の微妙な違いを表にしてしみました

4DX MX4D
導入映画会社 コロナワールド
ユナイテッドシネマ
シネマサンシャイン
TOHOシネマズ
制作元 CJ 4Dplex(韓国) MediaMation(アメリカ)
料金 通常+1000円
3D+300円
通常+1000円
3D+400円
霧、煙演出
香り、匂い演出
閃光、フラッシュ演出
水しぶき演出
突風、そよ風、風圧演出
バブル、シャボン玉演出 ×
雪、スノウ演出 ×
シート揺れ演出
背・首・足元タッチ演出 ×
こうやって見ると、多少の違いは見えてきますね。

ファンタジー系の演出には4DX、ホラー系の演出にはMX4Dが良いのかもしれません。

ただ、どちらも大きくは変わりませんので、行きやすい劇場で観るのがよいと思いますよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加




このページの先頭へ