映画館は、多くの方が、一緒に作品を鑑賞する場所です。
他の方が、映画を楽しんで観ているのを邪魔してはいけません。
マナーをよく守って、みんなが気分良く鑑賞できるように、マナーについてのおさらいをしましょう。

お喋りをしない

小声で喋っていても上映中の静かな中ではとても目立ちます。
映画にはその場の雰囲気がとても大事なので、クライマックスシーンなどで声が聞こえたら、盛り上がっていた気持ちが一気に下がってしまいますのでご注意ください。

デートで映画館に行くカップルの方も、お喋りしたい気持ちは解りますが、上映内ではお喋りでお相手の気を引くより、こっそり手でも繋いで見ていた方が良いでしょう。 マナーの無い方と思われてしまいます。

ただ、コメディ映画だけは例外で、劇場内にドッと笑いが起きることもあります。
このような場合は、一緒に笑って楽しむのは全然アリです。

要は、「空気を読もう」ということですね。

広告


食べ音を立てない

声だけでなく、食べる音にも要注意です。 バリバリとお菓子を食べていたり、飲み物をズズズっと音をたてて吸ったりするのは、本人は気づきにくいですが、周りからするととても気になる音です。
映画館でポップコーンがよく売られているのは、音が立ちにくいからなのでしょうね。

携帯やスマホを使わない

マナーモードにしておけばいいと言うわけではありません。バイブの音は案外よく響きますし、携帯やスマホを開くと少なからず明かりが漏れますよね?
暗い場内では、後ろに座っていればどこからでもその明りが見えてしまいます。
これもまた、非日常感や雰囲気を壊してしまいますので要注意です。

盗撮・撮影しない

映画を撮影して自宅で観たり、ネットにアップロードしたり、コピーして売ったりする方。
これはマナー、ルール違反どころではなく、法律違反です。
最初はバレなくても、すぐに追跡され、逮捕されます。絶対にやめて下さい。

前の座席を蹴らない

ホラー映画などでびっくりしてしまうたびに蹴ってしまう方や、足を組み替えるたびにあたってしまう事があると思いますが、注意を払いましょう。
前の席に座っている方は本当に気になります。
子供をお連れの親御様もそこは注意深く見ていましょう。
静かにしているのも大事ですが前の席を蹴らない事、本当に大事ですよ。

もしマナー違反を見つけたら・・・

もしあなたが被害を受けたり、マナー違反を見つけた場合には、係りの人に伝えて注意をしてもらいましょう。
直接注意しても良いかもしれませんが、それはそれで揉め事になったり、注意すると自体がうるさく感じられてしまうかもしれません。
面倒でも、係りの人に伝えるのがベターだと思います。

映画館は、わざわざお金を払って感動を体験する場所です。
4D映画館でしたら特にその要素が強くなります。

映画館の指示に従い、皆さんがマナーやルールを守って気持ちよく映画鑑賞が出来るようにしたいですね。

広告